So-net無料ブログ作成
検索選択

<トヨタ>プリウス「不具合なし」千葉・松戸の事故で県警(毎日新聞)

 トヨタ自動車が昨年発売したハイブリッド車の新型プリウスを巡る問題で、ブレーキの不具合として国土交通省に報告された千葉県松戸市で起きた追突事故について、県警が「構造上の不具合はなかった」と断定していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。事故前後の車両情報を記録する「イベントデータレコーダー(EDR)」を解析し、ブレーキが正しく作動していたことを確認したという。

 事故は昨年7月19日、松戸市の国道6号で、同県浦安市の会社員男性(37)運転のプリウスが信号待ちの乗用車に追突、4台が関係する玉突き事故となり、2人が軽傷を負った。男性は「ブレーキが利かなかった」と話していた。

 不具合はないとする分析結果を受けて、県警松戸署は10日付で男性を自動車運転過失傷害の疑いで千葉地検松戸支部に書類送検した。男性は今も容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、事故を起こした車はレンタカーで、県警は事故前に利用した3〜4人に事情を聴いたが異常はなかった。また、トヨタ自動車と協力して事故車を分析。その後、米国で「ブレーキが一時的に利かなくなる」との苦情をきっかけにリコール問題が浮上したため、第三者である自動車工学の専門家にもEDRの解析を依頼したが、異常がないとの報告を受けた。【神足俊輔】

【関連ニュース
硫化水素自殺:製造中の車内で従業員が 愛知・トヨタ車体
トヨタ:春闘決着、一時金満額割れ リコール問題響く
トヨタ:全米自動車労組 GMとの合弁工場閉鎖に同意
トヨタ:「異常見つからず」プリウス急加速問題で暫定結果
トヨタ:中国浙江省がリコールでの顧客の経費負担を要求

大阪市職員の車検代、受注業者が肩代わり 市処分へ(産経新聞)
<日本ペンクラブ>児童ポルノ規制の都条例改正案に反対声明(毎日新聞)
<大学生>生活費10年前の3割減 食費、部屋代切り詰め(毎日新聞)
<官房参与>行天氏ら退職(毎日新聞)
興正寺・雲龍図、江戸前期の狩野探幽作と発表(読売新聞)


2010-03-24 09:02  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。